FC2ブログ
気まぐれ日記。
05年8月始動。 電気自動車  太陽電池関連 。
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
原発事故の記事を見つけた。
記憶が確かなら、福島原発の放射性物質の拡散状況の画像も、去年の五月頃見た気がしますが、
広告料収入を得ているメディアは、広告主の意向で動くこともあるので、
公平な報道が出来てるのか甚だ疑問。
過去のチェルノブイリの記事を見れば、
近隣市町村での帰還自体、長期不可能な場所が出てくる。
ポイントは、放射線量計の数値。5.24マイクロシ-ベルトで通常の5倍超。
事故直後は、ミリシ-ベルトにして報道されていた時期もあり、
事故の影響を小さく見せようと必死だったと思われる。
最大の違いは、被災した原子炉の数。
複数の原発の被災、放射性物質の海洋投棄と、プルトニウムの放出は、前代未聞。

福島原発 ルポ 
放射性物質の拡散状況を試算した画像
スポンサーサイト
早急な災害復旧に必要なことは、機動性を確保するための、
規制緩和と、財源を確保するための行政改革が必要不可欠と思います。

≫続きをみる...

DC負荷。照明編。
特に直流で稼動するものは非常に少ない。
①自動車用などの電球。 使用電圧もDC6V~DC24V、ワット数も選べる。
他にも直流で点灯できるものは多い。
難点は、専用のソケットが入手しにくい。発熱と消費電力が非常に多い。
②LED
車用なら、それなりに種類も増えてきた。
家庭用の電球と同じサイズのものは、価格も高く種類も少ない。
自作なら、仕様にあわせて作れる。
寿命が長く、消費電力も少ない、チラツキが一切無いなど利点も多いが、
極性にあわせ、適切に接続しないと点灯しない。
耐圧を超えると破損しやすい。電圧の安定化が理想。
光が拡散しにくいので、、スポット照明に適している。
大きな出力のものをたくさん使えば、部屋の照明に使えるかもしれない。
長時間点灯する常夜灯に適している。

③蛍光灯インバーター
蛍光灯を点灯させるための専用の装置。
対応している蛍光灯が限られているし、種類も少ない。
極性は決められていた気がする。。
スイッチを、インバーターの入力の前におくことで、
DCACインバーターと、待機電力を使わずに、蛍光灯を使うことができる程度。
まず無いと思うが、蛍光灯は、割れると飛び散るため危険。
④冷陰極管
バックライトにも使われているらしい。
秋月電子で注文したことがある。郵送中に破損したことがあった。
説明書には、逆接続をすると破損すると書いてあった。。
車内や、常夜灯程度なら十分使えた。明るさの割に、消費電流は少なかった。
発光する色が不評だった。
模型用太陽電池 販売店
オークションで、太陽電池を検索していましたら、
模型用など組込み用などの太陽電池を手ごろな価格帯で扱うところを見つけましたので、
書いておきます。
0.5V~6V 最小 60mm × 30mm より 96種類
MINI SOLAR PANEL SHOP

60mm × 30mmって、発電量はともかく、
ラジオとか、デジタルメーターの電源とか、いろんなものに組み込めそう、、 

電気自動車の改造(フレ-ム編)
これは、MC1-EVの蓄電池を載せるフレ-ムです。
本来、運転席の下に、ネジで固定されています。
EB50を6個まで搭載できるようになっています。
寸法を測りましたら、仕切りをなくすことで、EB100×4個がぎりぎり収まること模様です。
※寸法の上で、可能というだけ。できればお勧めできないのかもしれない。

片方は、既に、ディスクグラインダ-でコツコツと削っています。
削ることで、強度及び、耐久性が落ちると思います。

錆は、もともと中古で入手したこともありますが、
蓄電池より希硫酸が漏れた影響で腐食したようです。ではまた。

IMG_0082.jpg
独り言。4/6
4/3、開田マイアまでスキーに行ってきました。
朝6時に出発し、10時頃~3時半まで滑りました。
天気がよく、気温が上がり、昼頃から、
第1リフト前などで、雪がベタベタしている箇所が出てきました。 
上部のコースでは、大丈夫でした。 

今年の桜は、1週間ほど開花が早く、すでに満開~散り始めていました。

連絡事項
最近、適切でないコメントが多いため、承認後の表示に変更いたしました。
スキ-に行ってきます。
こちらでも、桜も見ごろになる時期になりました。
多分3割ほど開花してると思います。例年より一週間ほど早い気がします。

既に、今期は5回ほど行っていますが、
最近 3/29に、開田高原マイアスキー場で滑ってきましたが、
かなり雪質もよく、滑りやすかったので、また行きたくなりました。

今月は金曜日も休みなので  明日4/3 もスキ-に行く予定です。
特典が重なる日も珍しいのかもしれません。
スキー場周辺(10km以内)では、毎回積雪や凍結箇所があります。
地蔵トンネルを越えたらいきなり、積雪ということもありました。
車で、滑るのは、怖いので、チェーンは携行していきますよ。
ETC割引が始まりましたが、載せてないし、今回も一般道だけで行きますので、
今回は関係なし、ただ、行く場所によっては、あの割引に魅力がないわけではありません。では。
太陽電池の価格
新品仕様変更による価格引き上げなどで、価格差も拡大する傾向があり。
表示価格と現在価格との乖離が大きく、過去の価格を消す事にしました。
例外は、価格高騰の以前に、調達された在庫品と、輸入品等。
価格高騰の影で、良心的な値段で売られている場合も、僅かながら確認しております。

独立系50W~85W の1W当たりの価格 750円~1600円(2008年1月現在)
参考ですが、2000年GT136Mは、5万円(55W 17.4V3.15A。1W単価 909円)
※現状確認が出来た範囲であり、この価格で調達できる保障はありません。
同じ型番でも、販売店により価格が異なる事や時間が経過すると変動します。
諸経費(消費税、送料、決済手数料、工事費等)は、比較に含んでおりません。
≫続きをみる...

手作りに、興味が沸きます。
最近ですが、手作りに興味を持っています。
きっかけは、市販されている甘さが強いお菓子に飽きてきて、それなら、作ってみようと思ったことです。

たまたま、手元にあったレシピ本を参考に、
小麦粉、バター、砂糖、卵を使って、クッキーを焼いていただいています。

利点といえば、良い物を選んで使えることや、暇つぶしになる。
いろいろと考える機会になっています。

欠点は、労力と、材料等購入費がかかる。
始めたばかりなので、出来上がりが安定しない。

レシピや、作っている様子なんかも、いずれ書き込もうと思います。ではまた。

LED電球。
以下の写真は、オーム社製の電球ソケットで使えるLED電球です。
詳細は、消費電力2W、明るさ20W程度(範囲は狭い。)
購入時の価格1300円ぐらい。
LED1-1.jpg

主な特徴。
一般的に耐久性が良く、電球切れが少ない。消費電力が少ない。(20Wタイプは2W、5Wのタイプは。0.5W)
チラツキがない。点灯にかかる時間が早い。
欠点
電球の価格が高い。(5Wのタイプは、300~400円で売っています。写真と同じ型は現在入手できるか分りませんが、、)
LEDのため、光の照射範囲が狭いことが多い。
結論。
一回の点灯時間が長い場合は、電球型蛍光灯が向いていると思います。
一回の点灯が短く、点灯と消灯を繰り返すところは、電球でも充分なのかもしれない。
点滅回数が多い用途には、LEDが向いていると思います。。
欠点もあるが優れた性質も持っているので、今後の活躍を期待したい。
ではまた。

Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .