FC2ブログ
気まぐれ日記。
05年8月始動。 電気自動車  太陽電池関連 。
≪10月   2018年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燃費比較 08年6月
車種。軽自動車  三菱 EKワゴン 走行距離 4万5千km 5年目
給油間距離 300km 給油量20.11リットル 
燃費(1ℓ)14.918km ※燃料費 10.73円(km)

※燃料費は、1ℓ160円として計算。ガソリン以外は含まれていません。

もう一台、所有している電気自動車のほうも書いておきます。
車種 ミニカ-(原付) 光岡MC-1 EV 48V仕様  最高速度45km
充電航続距離 12km 消費電力 1.2kwh 
燃料費 2.6円(km) 
電力はエコワットで測定、1kw=26円で計算。
蓄電池の交換費用などは含みません。 

単純比較はできませんが、移動に必要なエネルギ-として考えると、 環境負荷がまるで違うような気がします。ではまた。
電気自動車の件で追記します。
本来搭載の蓄電池は、ディ-プサイクル蓄電池で、
動力用 12V×50AH を直列に4個。 電灯用に 12V35AH程度が搭載されています。

しかし、今回は、動力用に、軽自動車用(スタ-タ-用)12V28AHを直列に4個使用しています。
小さい蓄電池なので、4個で40kgほど軽量化できますが、使える電力が小さくなるため、
航続距離は大幅に減ります。また、スタ-タ-用のため、過放電に弱く、酷使できませんし、
寿命が大幅に短くなる為、真似しないでください。
リチウムイオン電池に置き換われば、容量が増え、軽量化にもつながりますので、
実用性はかなり改善されると思います。現状では、高価なので、安くなるまで待つ必要があるかもしれません。
電気自動車は、消費電力の効率化、蓄電池の重さと、蓄電池の容量の改善が重要です。
消費電力は、効率的なモ-タ-の制御(変速機と回生ブレ-キ)
充電器の効率化。 充電ロスを減らすこと、充電時間を短縮するための急速充電。
課題はまだたくさんありますが、非常に高価水素インフラ+燃料電池よりは現実的で、
効率と実用性は、電車を見れば一目瞭然。 蓄電池の性能が低かったため、
外部より、蓄電池をあきらめ、架線より電源を確保。
限りなく電気自動車に近い乗り物として、トロリ-バス
(架線から電力を受ける装置をもつバス)一応、蓄電池を持ち、架線がなくても自走もできるが、
航続距離は非常に短いらしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。