FC2ブログ
気まぐれ日記。
05年8月始動。 電気自動車  太陽電池関連 。
≪08月   2018年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電気自動車の改造 蓄電量倍増?
mc-ev 001

標準は、動力用 EB50(12V50AH)×4直列(DC48V) 電装用 EB35(12V35AH)ですが、
動力用のみ、EB100×4直列に変更してみました。
臨時で、軽自動車用28AH×4でも、動かないこともないのですが、
航続距離が.10km以下と短く、幾度か手押しする羽目に、、救援時しか使えそうにありません。

結果、フレームを切削しなければ収容できず、切削も進まず、仕方なく、後部に積んでいます。
底板は、フロア用。 側面は、フィ-ト材をカットして利用しています。
蓄電池変更に伴い、13kg*4=52kg+荷台分の重量増加。

平地で時速40km程度まで確認していますが、重心が後ろに傾きすぎ、
重量増加に加え、登坂性能と、安定性が、犠牲になっている。
後輪の空気圧を上げたのですが、、それでも、ライトが上向きになるなど、
わかるほどの傾きが生じている模様。。蓄電池は車体中央の位置に入れるのが、
ベストと判断しています。

今後の課題。
①フレーム切削により、座席下の場所に収容。 
本来の位置に収容することで、重心の安定化と、後部の荷物置きを復活。
②電装用電池の小型化または廃止。 余裕のある動力用より供給。(コンバーターも検討)
電力の効率の低下、蓄電池の蓄電量のばらつきなどが気になりますが、軽量化は可能。
③電装負荷の軽減。
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。