気まぐれ日記。
05年8月始動。 電気自動車  太陽電池関連 。
≪05月   2018年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早急な災害復旧に必要なことは、機動性を確保するための、
規制緩和と、財源を確保するための行政改革が必要不可欠と思います。

仮に電力供給の規制が緩和されれば、民間事業者による発電事業参入などで、
不足される電力供給にも、改善が見込まれますし、
瓦礫の除去についても、焼却できる物だけでも、
出来るだけ近くで、速やかに処分出来れば、除去も早くなることが期待できると思います。

また、打ち上げられた船舶についても、使える物については、破棄ではなく、
移動+修理の方が、時間という価値も含めて、費用対効果が高い可能性もあります。

住民の避難や、仮設住宅についても、個別に、風呂などを設けるよりも、
水周りは、共用にした方が、少ない費用で、多くの住宅を用意できると思います。

財源ですが、優遇法人の制度廃止と、不要な特殊法人の解散が必要と思います。
災害後窮地に立っていますが、世論を生かし、思いっきり切り込めると思います。
増税、国債発行を容易にしてはならない。

福島原発の事故の際、原子炉の緊急冷却を決断した管総理の決断は評価したいと思います。
昨今、民主党政権に、酷いことを浴びせている野党自民党に言いたい。
福島原発は、あなた方が作ったのではありませんか。原子力発電は安全ではなかったのですかと。

政治家は、国民の代表なら、国民の被害を防ぐことと、救済するのが仕事のはず。
流石に、過去の独裁や、翼賛政治は良くありませんが、無駄な政権闘争はやめるべき。

与野党ともに、何をすれば国民全員の生活が良くなるか、1から議論すべきと思う。
政治には、今ではなく、未来を決めることが求められる。
散々勝手なことを書いてしまい、申し訳ない気もしますが、ではまた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。